Chugoku中国支店

学ぶこと、興味を持つこと。

生命保険は税制や法令の影響を受け、改定のたびに新たな知識やスキルを身につけて行かなければなりません。必要な知識やスキルを自ら習得し、それを続けていこうとする向上心が求められます。そしてそのことが自分自身の成長を加速させます。学ぶこと、興味を持つこと、この2つが成長へのキーワードです。

藍原 Aihara


中国支店のお仕事

岡山県と岡山市の誘致企業として2017年7月に新設。
自社拠点でのテレマーケティングに加え、岡山市に本店を置く複数の地方銀行との業務契約があります。
「イノベーション」を掲げる当社にとっての新たな試みでもある、訪問販売の売上比重を高めた戦略が置かれる。
中国地方=山陽+山陰であるように、中国支店=テレマ+訪販のこれから体現していきます。
また、瀬戸内海地区で1時間で行き来可能な高松市に本店を置く地方銀行とも業務契約があり中国支店はその人材育成を行う重要拠点として開設。
中国支店の開設により、大阪・松山の両拠点とのアクセスも良くなり「天下を競望せず(毛利元就)」ではなく、今後西日本を席巻する雄としての期待が高まります。

中国地方の最重要拠点、中国支店。

中国支店は、テレマーケティング、対面営業、企業提携すべてを発展させるために、中国地方5県を管轄とする広域営業拠点として新設され、ことしの9月からスタートしたばかり。
藍原の業務内容は、自身が責任者として在籍するこの中国支店の保険販売の業績管理である。
全拠点の中でもっともメンバーの近くに寄り添う責任者であり、教育まで実施することから、藍原の信頼は大きい。

多くは語らずとも中国地方の最重要拠点である中国支店を任されたことが、藍原の実績、メンバーからの信頼、全てを物語っている。


お客様のため、この信念は絶対にゆるがない。

「藍原さんがいるから安心してお任せできます」。
営業なら誰もが言われたことのある言葉かもしれないが、それでもこの言葉を大切にしたい。

お客様を取り巻く環境は一人一人全て異なり、取扱い商品の組み合わせだけでも1億通りを越す中、本物のコンサルティングが求められる。
しかし、何よりも「この人に任せたい」と思って頂ける信頼関係が必要。

「幾度となくご提案を重ねたお客様がいらっしゃいました。
平均的な契約までの期間より何倍の時間を要したのだろう、営業という生産性だけを考えたら非効率だったのかもしれない、それでも私はお客様への真のコンサルティングという軸は絶対にぶらしたくなかった。」
あの時の達成感を、お客様と、仲間と、当社に関わる全ての皆様と共有したい。


組織の一個人ではなく「自分の人間力を評価されたい」と働きたいです。

多くの仕事がシステム化され、個人の評価が少なくなってきていると感じる方も多いはず。当社でももちろんシステムは導入され、効率化すべきことは絶対に効率化している。
しかし、人とのコミュニケーションは人が行うもの、機械的なものだけでコミュニケーションは解決されない。
「まさにご自身の人間力が必要となるこの仕事で、評価をされたい、と思っている人に是非加わってほしいと考えております。」

 


アクセス

住所:〒700-0901 岡山市北区本町6-36 第一セントラルビル 6F
順路:JR岡山駅 地下直結


募集要項

総合職(営業)

 
募集職種保険アドバイザー(未経験歓迎)
雇用形態正社員
職務内容保険に興味をお持ちの方などに、保険の見直しや新しい保険への加入をおすすめする仕事です。27社の保険商品をご提案できる総合保険代理店の為、お客様のご希望や不安に寄り添ったご提案が可能。「保険のプロ」へ育てる制度が整っていますので、未経験の方もご安心ください。

<具体的な仕事>
◆スムーズな提案を可能にしています。
例えばお電話が中心の場合、決まったリストのお客様にご連絡し「保険について詳しいことが知りたい」という方には、資料を送付。資料をご覧いただいた後に、改めてご加入や見直しのご案内を行ないます。
その他、各種イベントなどへ出店し来場されたお客様へのご案内やHPからのお問い合わせ、ご紹介などがございます。
保険の営業経験がある方、保険に関わらず法人営業経験のある方など経験やスキルに応じたポストや業務もご用意しておりますのでお気軽にご相談ください。

◆モチベーション高く働ける環境です。
共有システムで、各自の仕事の進み具合が分かる仕組みがあります。社内のチャットツールでは、情報共有や目標達成を祝ったりできるため、“みんなで頑張っている”
という意識がもてる環境。お客様から個人宛の感謝状をいただくこともあり、モチベーションアップにつながります。

<教育制度・スキルアップサポート>
110種類以上の研修制度がある当社。入社後1~2ヶ月で仕事に必要な専門資格を取得できるようサポート。代表的な資格が、FP(ファイナンシャル・プランナー)。家計に関わる金融、税制、不動産、住宅ローン、保険、教育資金、年金制度など幅広い知識を持ち、相談者の夢を実現するサポートのできる資格です。社内の取得率96.8%(2017年3月時点)

【採用担当からのメッセージ】
「保険の知識」と「高収入」が “大切な人を守る力” になる。
人生における安心のよりどころ。それは、もしものときの備えとなる「知識・資格」や「蓄え」ではないでしょうか。当社で働くことは、その両方を手に入れることにつながっています。

たとえば、日々新しくなってゆく保険の知識。お客様にご満足いただくためにも、未経験から「プロ」としての知識を身につけられる環境をご用意しました。生命保険・損害保険の双方を学び、「FP」などの専門資格も取得できるように支援します。

たとえば、成果に応じた十分な報酬。目標に向けてコツコツ努力をすれば、半年ほどでの「チーフ」昇格も可能。早い人では4ヶ月ほどで昇格した実績も。月収60万円、年収700万円以上も珍しくありません。その先も、ご希望に応じて多彩なキャリアを歩めます。

企業ビジョンである「4Sの向上」、そして理念である「仲間と共に未来を切り拓く」を実現するべく、共に成長しましょう。

訪問営業部

 
募集職種個人・法人向け×生損保の経験者採用(営業職)
雇用形態正社員
職務内容当社は、27社の生命保険・損保を扱う総合保険代理店。あなたには、法人・個人のお客様への保険提案をお任せします。「固定給+インセンティブ」という給与に、提案先は会社も用意。働きやすい環境があるため、お客様一人ひとりの人生設計を親身に考え、そして年収1000万円以上も目指すことができます。

■自分で作った提案先も、会社が用意した提案先も。
当社では、営業先を開拓する方法が2通りあります。まずは、自ら開拓していくパターン。お客様同士のつながりなどの人脈・顧客基盤を活かします。提案する保険や提案先、訪問頻度など、全て自由。あなたが提案しやすいように進めてください。

そして、会社も提案先を用意します。個人のお客様集客のサイトをオープンする等、Webの分野へも大きく投資を開始しており、提案先を開拓。そこからニーズのあったお客様先へ訪問します。また、ファミリー層や子育て世代が集まるイベントにも月5~6回ほどのペースで、出店しています。そのいくつかに、あなたも加わり、ブースに訪れた方へのご提案を行います。

■多数の保険で、お客様の人生に寄り添えます。
住宅ローンや教育資金、老後の資産など、お客様によって保険を検討する目的は異なります。また、お客様の収入によって加入できる保険も変わるもの。当社は27社の生命保険・損保を取り扱っているため、お客様一人ひとりに合わせた柔軟な提案ができます。顧客目線で人生設計に寄り添える魅力がある仕事です。

※契約件数や資格取得の成果は、収入に還元します。インセンティブがありますし、資格取得によって月収がアップ。複数の資格を取得し「月収14万3000円アップ」という社員もいます。


【採用担当からのメッセージ】
収入の不安定さも、提案先がなくなる心配も、ありません。

保険業界で一般的なフルコミッション。収入アップに制限がない一方で、契約数によって収入が激減するリスクがあります。提案先も、自分の人脈だけで何十年ともつのか。保険の仕事は、長く続けるには不安が多いと言う人も大勢います。

だから当社は、1社に腰を据えて上を目指せる環境を整えました。例えば、固定給として月給30万円以上を支給。提案先は自身の人脈だけでなく、会社がアポイントを提供。また、数千名規模のイベントへも定期的に出店しており、そこでの顧客基盤を作ることも。

もちろん、インセンティブで高収入の実現も。27社の保険を扱う為、お客様のニーズに柔軟に対応できます。事実、平均年収は約800万円。年収例にもあるように1000万円超えの実績も多数。フルコミッションとは違い、交通費や交際費の経費も会社負担。同じ年収でも、実質100~200万円ほどの収入増になります。

最近では、国内生保で働いていた先輩が子育てが一段落し、当社へ活躍の場を移しました。あなたも、保険営業のキャリアの続きを当社で描きませんか。

アルバイト

 
募集職種コールセンタースタッフ(保険サポート)
雇用形態アルバイト
職務内容勤務場所はコールセンター内(内勤)となります。外勤のお仕事ではありません。
入社後1ヶ月間は資格取得に向けた研修を通じて、取扱う商品やお仕事の流れを学ぶことからスタートします!
その後は個人のお客様を中心に保険商品のご案内を行って頂きます。


選考フロー


  • エントリー※エントリーフォームからご応募ください

  • 書類選考

  • 面接※人事部・課責任者・役員など1〜2回

  • 内定