経費や見込み先の開拓など
余計な心配がなく、思う存分
営業活動に集中できます

事業統括本部
シニアプランナー(スペシャリスト)

H.I

入社
2016年入社
人を知る

まずは、転職したきっかけを教えてください。

前職は外資系保険会社の営業をしていました。成績は残せていましたが、その会社の商品しか提案できないことに「お客様が本当に求めているニーズに応えきれていないのではないか」という、わだかまりを感じていました。複数の保険商品を扱う代理店なら、これまで以上に幅広いお客様にベストなご提案ができると考え転職しました。

複数の保険商品を扱う代理店は他にもある中、なぜほけんのぜんぶだったのでしょうか?

最大の決め手は「固定給制度+歩合給」と「経費全支給」の制度があったからです。保険業界では営業成績に応じたフルコミッション制の給与体系を採用し、営業活動にかかる諸経費は全て自己負担になるケースがほとんど。しかし、当社では生活基盤となる収入が固定給として支給される上に、成績に応じてインセンティブも上乗せされます。さらに、経費は全て当社負担のため、余計な心配をせず、思う存分営業活動に集中できます。こうした環境は他にはなく、魅力的でした。

収入や経費面以外で気に入っていることはありますか?

見込み先との商談機会を当社が提供してくれる点と、資格手当が充実している点も気に入っています。保険営業は、いかに顧客接点を作り出すかが全て。通常、多くの経費をかけて自己開拓しますが、当社ではイベント出展やWeb集客、他の代理店との共同募集など、多岐に渡る経路から見込み先の情報を得ており、それを無償で提供してくれます。ゼロから開拓することが少なくなり、より効率的に動けるようになりました。
また、資格を取ることも推奨しており、ファイナンシャルプランナーや個人情報保護士など複数種類が対象です。保険以外にも幅広い資格でも取得することによって知識の幅が広がります。これは「単なる保険屋になるな。いろんな知識を持った“ホールパーソン”を目指せ」という当社からのメッセージだと受け止めています。

待遇面がかなり充実していますね。仕事面のやりがいはどんなところにありますか?

現在は個人のお客様に対して保険商品のご提案やコンサルティングをしています。不特定多数の方とお会いするので会話の幅が広がり、それが人としての幅を広げることにもつながる点にやりがいを感じます。

人を知る
人を知る
人を知る

多くのお客様とお会いされていく中で、印象に残っているエピソードはありますか?

過去に大の保険嫌いという方を担当したことがありました。「俺は保険なんて絶対に契約しない!」と宣言される中、様々な角度から会話を重ねていくうちに、将来のリスクに気づいていただく“ニードの喚起”につながり、契約をお預かりすることができました。1年後、その方に癌が見つかり「あの時保険を検討して本当によかった」と感謝され、微力ながらその方の人生のお役に立てたことが嬉しかったですね。

ビジネスパーソンとして成熟されてきたかと思いますが、今後の目標はございますか?

保険の営業とはいえ、結局重要になるのは人対人のコミュニケーションです。自分という人間を好きになってもらい、信頼いただくことで初めてその方の人生に寄り添うお手伝いができるようになります。そのために自分の人としての幅をもっと広げ、お客様のベストパートナーであり続けたいと思っています。

OTHERS同じ職種の先輩インタビューをみる