苦手分野克服のチャンスを
得られる環境があり、
成長へ繋げられます

人を知る

ほけんのぜんぶへ入社を決めたきっかけは何でしたか?

社長との出会いです。前職の大手生命保険会社では、1社の商品しか扱えないことに物足りなさがありました。また、フルコミッションの給与体系とマーケティングにかかる経費は全て自己負担という収入面の不安定さから、仲間が何人も辞めていくことを残念に思っていました。会社がマーケティング費用を負担してくれるような環境に移るか、自分で会社を起こすか、と考えていた時期に当社の社長と出会い、誘っていただいたことが転職のきっかけになりました。

対面事業部の立ち上げメンバーとして入社されていますが、どのような組織を目指しましたか?

手数料収入を目当てで契約につなげるのではなく、常に顧客視点を持ち、お客様に誠実であること。例えば同じ保険料だったらお客様にとってより有益になるものをお勧めするなど、本当にいい提案ができる組織を目指しました。また、メンバーが長く働ける環境を作りたいとも思っていました。それが実現でき、今でも継承されていることが嬉しいですね。

人を知る
人を知る

組織作り・体制づくりの面で特に工夫されたことはありますか?

当社では、テレマーケティングから対面営業に異動する際に、必ず受ける研修があるのですが、この研修内容を固めるのに力を入れました。研修内容の中でも、わたしはお客様とのファーストコンタクトからご契約までの“セールスプロセス”を見ました。アプローチ、ファクトファインディング、プレゼンテーション、クロージング、申し込み、その後のご紹介、といった各プロセスにおける弱点の克服や改善方法などを考案。所作を含めて保険営業のプロとして動けるように内容を工夫しました。

Nさんが考える保険営業のプロとはどのような人ですか?

何事も極めることは難しいと思います。例えば、保険業界にはMDRT(COTやTOT)など保険を扱う人なら誰もが欲しがる世界基準の称号がありますが、それを持っているからといって「プロ」と呼べるかどうかは分かりません。ただ、信頼できる人じゃないと大切なお金は預けられませんよね。信頼に値する人間力が備わっているかどうかが、保険営業のプロであるかどうかに関わるのだと思っています。

※MDRT:生命保険と金融サービス業界の最高水準として世界中で認知されている称号。営業数字の結果以外にも厳しい倫理基準を満たし、優れた顧客サービスを提供していると認められた方のこと。

人を知る

御社に入社した場合、保険営業としてどのようなスキルが身につきますか?

当社は幅広いマーケットをカバーしているので、幅広いお客様に対応できるスキルが身につくと思います。見込み客を開拓するとなると得意分野に集中してしまいがちですが、当社では、苦手分野を克服したいと思えば当社がそのチャンスを提供し、成長へと繋げています。また、様々な業界・会社からメンバーが入社しているので、新たな価値観に触れられて勉強にもなる。保険の営業は簡単なビジネスではないので、精神的な忍耐力やバイタリティ、活動量や柔軟性、感受性や自己動機付けといった要素も必要です。当社ではそれらを、身につけられると思います。

最後に、Nさんが今後実現したいことはありますか?

テレマーケティングで開拓したお客様が全国にいらっしゃいますので、対面でもカバーできるよう、支社・支店を増やして全国展開したいですね。今後も変わらず、お客様に対して誠実であり続けたいと思っています。

OTHERS同じ職種の先輩インタビューをみる