更なる成長を目指し、
人事部マネージャーから
現場のスペシャリストへ

事業統括本部
シニアプランナー(スペシャリスト)

Y.F

入社
2016年入社
人を知る

まずは、Fさんのこれまでのキャリアを教えてください。

銀行で7年働いた後、自分一人の力でチャレンジしたいという気持ちから保険業界に身を転じ、外資系保険会社や保険ショップでキャリアを重ねてきました。実はそれ以前は、保険業界に対して良いイメージがなく、この世界で働くことは考えてもいませんでした。ですが、転職先の保険会社がしっかりした企業理念を持つ顧客本位の良い会社で、「生命保険でしかできないこと、それは家族を守ることだ」という本質を教わりました。他の金融商品にはない魅力を感じ、保険業界へのイメージが一転しました。

保険会社が数多くある中、ほけんのぜんぶへ転職を決めたきっかけは何だったのですか?

実は保険業界に入る際に、一度ほけんのぜんぶを応募していたんです。当時は別の会社を選んだわけですが、ほけんのぜんぶの人事担当者と7年ぶりに会う機会があり、「一緒にやらないか」と誘われたことが転機となりました。その方と意気投合し、一緒に働きたいという思いが強く残りました。保険商品を売る仕事はどこの会社にいても同じです。だからこそ、誰と働くかを大事にしたい。そう考えて、当社への入社を決めました。

人を知る

入社以前から縁が続いたのですね。現在はどのような業務をされていますか?

富裕層や経営者層向けに保険の営業活動を行なっています。過去の、法人や個人の顧客開拓の経験とはまた違い、1件1件の商談に全神経を集中させるような、緊張感ある日々です。特に経営者の方は決断が早く、人を見る目も肥えているため、商談では保険の話というよりは自分の一挙手一投足を見られているように感じます。要点を踏まえてわかりやすく簡潔にお伝えすることはもちろん、立ち居振る舞いにも気をつけています。

Fさんはゼネラリストコースで入社されていますが、途中で「ジョブチェンジ制度」を使ってスペシャリストコースに変更されています。それはなぜだったのでしょうか?

入社当時は人事部マネージャーとして人材育成を担当していました。ただ、人を「教育」するというのはどこかおこがましく、自分の知識や経験を「教える」よりも「伝える」立場に立っていたいと思いました。営業経験の浅い人や保険の知識が乏しいお客様に伝えたいことは何か?どうすれば最大限に伝わるか?その思考を繰り返すことで、更なる成長を目指したい。そのためには、常に最新の知識や情報を勉強することも必要だ。であれば、営業現場に身を置きながら、顧客満足や従業員満足を追求しようと思いスペシャリストコースに変えました。 

人を知る
人を知る

スペシャリストとして活躍するために必要なスタンスはどんなことでしょうか?

単に「保険商品を売る」のではなく、「お客様のご家族や大切な人たちに対する想いをお預かりすること」がわたしの使命だと捉えています。多くの保険営業はスキルや知識を優先しがちですが、これらは後からついてきます。お客様が欲しがっている商品をそのまま売るのではなく、その背後にどんな想いがあるのか? そうした“人の想い”を探るスタンスが抜けているとスペシャリストとしての活躍は難しいと思っています。逆にそれが備わっている方は十分に活躍できるのではないでしょうか。

OTHERS同じ職種の先輩インタビューをみる