Welfare社内制度

ほけんのぜんぶでは、“人財”が命です。
その人財が、業界どこででも活躍できるプロフェッショナル集団であり続けます。
ほけんのぜんぶが考えるプロとは、信念を持ち、専門性を磨き、結果を出し続ける心技体を獲得した人。
そのようなプロを目指す強い覚悟と高い志をもって入社した人が、
自立したキャリアを歩み、高い成果を生み出し続けるために、各種制度を用意。
高みをめざしチャレンジし成長を目的とした制度と、走り続けてもらうための健康・メンタル面をサポートした制度で、
攻勢と守勢の仕組みの一部をご紹介します。

より高みを目指すための制度

『プロ』は自分で判断し、決断することの連続。ほけんのぜんぶでは、自らのキャリアを自身で選ぶ【選択式時人事制度】を設けています。
当社の人事施策、制度はすべて『成長支援』を目的として、施行・運用されており、 表面的・一時的な売上等の結果を短絡的に評価する事はせず、 プロセスに注目し、リスクとスピードにチャレンジする事、主体的に行動する事を評価するポリシーです。 個々人の持つ価値観や適性、能力などに応じたキャリアステージを提供してます。
「心・技・体」を磨き、キャリア形成にチャレンジする事で多様な働き方の実現とキャリア開発を促進しています。


キャリアチャレンジ制度

自らの成長のために、キャリアアップ=いわゆる“昇格”への挑戦を『キャリアチャレンジ制度(略して「キャリちゃれ」)』と呼びます。
そのステップは、まず入社してすぐはアソシエイトと呼ばれる一般社員で、保険の募集人資格を習得したり、研修やOJTを受けて、正式配属となります。
そして、経験・実績・資格を積み、1つ昇格してチーフへ。
ここまでは共通していますが、その後のキャリアは3パターンの中から自身で選択します。
①組織の目的達成の為、組織統治、人財統治、資本統治、情報統治を行う組織運営のプロフェッショナル「ゼネラリストコース」
②専門的な知識・スキルを修得し、知恵として活用し顧客満足を追求する「スペシャリストコース」
③スキルや資格がテキスト化、形式化されておらず自ら体得、あるいは他のプロから継承を受ける「エキスパートコース」

キャリちゃれをする際は、事前に全社に対して意思表明をします。
これにより、主体性を醸成しつつ、誰が何を目指してチャレンジしているのか、そのプロセスがオープンになります。
キャリちゃれ成功=“昇格”は結果に対するご褒美ではなく、自身の成長における目標なのです。


ジョブチェンジ制度

『ジョブチェンジ制度(略して「ジョブちぇん」)』とは、ジョブローテーション、職制変更(ゼネラリスト/スペシャリスト/エキスパートの変更)、事業部異動、勤務地変更など、将来に渡りキャリアを形成して頂く為の役割・事業部・勤務地の変更や異動のことを指す制度です。
キャリちゃれがキャリアアップという“縦”の挑戦なら、ジョブちぇんはスキルの幅を広げるための“横”へのチャレンジ。
キャリちゃれ同様にジョブちぇんも、事前に全社に対して意思表明をします。
ジョブちぇんをしたい人は、現在の“心技体”と異動先で必要となる“心技体”への到達度を照らし合わせ、異動・変更後でも活躍できる素地があるのかを確認。そして、心技体の分類で「いつまでに」「何を」「どれくらい」「頑張るのか」の目標設定をします。
業界どこでも活躍できるプロの育成・輩出を実現する為の支援ツール。
周囲に流されてしまうのではなく、「明確な目標」をもって自ら変化を起こし、自己成長を促進させるのです。


チャンスの輪

『チャンスの輪』とは、新規事業や支社・支店開設が決まると随時従業員へ社内限定で発信される情報開示の通称。これにより、新天地でチャレンジしたい人達が自ら名乗りをあげられます。
ほけんのぜんぶでは、各事業の取り組みや実績の成功により、様々な企業から高い評価を受け、新たなビジネスや取引先様が次々と誕生しています。
これは今後の事業展開や拡大に大きく期待できる「CHANCE」です。
成長している人は、特別な才能や運に恵まれたわけではなく、変化を好機ととらえ、周りにあるチャンスを育てたから。
このチャンスの輪を活かして成長しているメンバーが続々と増え、当社の拡大にも繋がっています。
その輪が繋がり、松山支社開所式には松山市長も参加してくださいました!(写真)


インセンティブ& ZENBU AWARD

ほけんのぜんぶでは、毎月の成績により上限なくインセンティブを支給。年齢やキャリアに関係なく成果が評価されます。(非営業部門など、所属部門によっては対象外)

そして、さらに『ZENBU AWARD』という表彰制度でメンバーの成果が可視化されています。
この表彰制度は、やりがい・環境・報酬の3つの軸でメンバーの満足度向上の為に行っています。月ごとのランキングで表彰される『月間部門』、6ヶ月ごとに表彰者が決定される『半期部門』と集計期間が分けられ、その中で個人とチームそれぞれの表彰や全社へ活躍の紹介、報酬として賞金の贈呈があります。「新人賞」も設けられており、新入社員の皆さんはまずこの新人賞受賞が目標。
表彰される相手がいるから、その上をいこうと考える。超えようと追いかけてくる相手がいるから、より高みを目指す。仲間がいて成長するからこその制度です。


HZライセンス制度(資格手当)

ほけんのぜんぶでは、現在〜将来と『お客様に選ばれ続ける保険のプロフェッショナル集団』となる為、従業員の専門性向上・能力開発・自己啓発を推進すべく専門的資格の取得を奨励しています。
会社が推奨する資格を取得すると、資格手当が毎月の給与にプラスし、最高の品質と安心を提供する為に欠かさない普段の努力を評価しています。
損害・生命保険関連の資格に始まり、全部で38種類の資格に対しインセンティブを付与。インセンティブ額は2,000円~最大324,000円が固定給に上乗せされます。
資格に関する情報や試験日等も社内イントラネット「研修ポータル」で随時情報を仕入れる事ができます。試験勉強に必要なテキストも『VPストア(※後述)』で購入可能
新しいものを学ぶスキルはどの時代でも重要視されるスキルです。ただ、単純に資格取得を目的にするのではなく、成果・結果に焦点を合わせることで、業界のどこでも通用する人財と成長していくステップとなります。


営業交通費・商談時の交際費 全額支給

ほけんのぜんぶでは、お客様先への交通費や、喫茶店などでの飲物代など、商談に関わる経費は会社が負担。前職でフルコミッションの働き方で保険の営業をしていた先輩社員の話では「交通費・交際費などの経費だけで年100万円以上の支出があった」とのこと。この先輩社員のような人にとっては実質的な収入アップと言えます。
また、新規顧客接点の創出として行っている各種イベントへのブース出展では、その出展費や販促品ノベルティ費用も会社が負担します。
あと、あなたがするべきことは何でしょう? そう、あとは挑戦するのみです。


モバイル端末の貸与
商談ツールの給付

ほけんのぜんぶでは、お客様との連絡に必須となる携帯電話や、資料や設計書を商談の場ですぐに提示できるようなモバイルパソコンを貸与。通信費も会社負担です。スピーディな連絡や商談が可能になり、お客様に割いていただく時間を最小限にとどめます。さらに、面倒な経費精算もオンラインでサクサク完了。
また、ペンやレポート用紙などの文具も会社負担。お客様へお渡しする保険証券ファイルも会社で用意。
能率を上げるには、人々の力を最大限に引き出す道具が必要です。時間をも道具と捉え、最大限に活用し、最高の結果を出し続けているのです。


外部セミナー参加制度

日々目まぐるしく変わる金融業界において、スキルアップや知識を広める事は必要不可欠です。そのためには、社外のプロや専門家のノウハウも必要。 ほけんのぜんぶでは、業務に関連する外部セミナーを選択して参加・受講することができます。事前に上長の承認があれば、参加費用も会社負担に。
経営幹部ともなれば、経営に必要な知識や能力を修得するため、経営学の大学院修士課程であるMBA課程のプログラムを受講。
多くのメンバーにとって受講すべき内容となる研修は、時に会社に講師をお招きして、中継を通じて全国のメンバーが受講できるように実施することもあります。
人生で唯一最大の結果を生み出す投資は、自分自身に投資すること。時間も自己投資の一部。自分自身に投資することで、結果を出し続けられるプロになっていきます。


走り続けていくためのサポート

高みを目指し走り続けるには、時に仲間がいるということがパワーの源になります。
当社の理念「仲間とともに未来を切り拓く ⇒ Venture Associates」に基づいて作られた制度は名前に「VA」が含まれています。


HZガード(傷病時休業保障)

会社で長く働く中では、不慮の事故や病気の罹患などやむを得ず長期療養が必要となるリスクが付きまといます。「HZガード」は、従業員の皆さんが継続的に安心して保険のプロを目指せるように、これらのリスクに対してご自身とその家族を守る制度。
入院やご家庭のご都合でやむおえず長期休暇を取られた場合に、有給が無い方を対象とし、生活保障を行う制度です。
欠勤期間の職格や職級をキープできたり、傷病手当金が振り込まれるまでの前払対応があったり等、傷病内容や状況に応じてサポート内容は変わります。
日頃、お客様に“保障”を持っていただいている私たちだからこそ、自分たちがお客様をサポートし続けていく為に、継続して働く必要があるのです。


ほめっtter

ほめtterは、つぶやき形式で気軽に褒詞を送り合うシステムです。
「あの人の親切に感激した」、「あの後輩の小さな行動は、実は会社の成長に貢献していると思う」
会社生活の中で業績で貢献した従業員が評価されるのは当然ですが、それを生み出す環境を創っているのは、多くの従業員の日々の行動。そんな小さな行動を埋もれさせず、仲間の行動に興味と関心を持って賞賛し合ってます。
また、全従業員の顔写真付きプロフィールも見れたり、お客様からお褒めのお言葉をいただいたり、キャリちゃれに挑戦している人を励ましたり、目標を掲げ合って応援し合ったり…ホメるだけにとどまらず、今後規模が大きくなろうとも、一人ひとりの従業員を仲間として大切にしようという文化を継続させる為の取組みにもなっています。


VAチャット

『VAチャット』とは、LINEやスカイプのように会話をする相手を選択してメッセージのやり取りが出来る機能です。
仲間とコミュニケーションを円滑に行えるようにし、リアルタイムに知りたい事や、注意すべき事などを共有し、成長しあえるツールとなっています。
部署間をまたいで、働いている地域の垣根を越えて いつでもどこでも好きなだけ語り合う事が出来るので、気兼ねなく色々な仲間に声を掛けられます。
(稼働中の私語はほどほどに。。。)


VPストア(従業員専用WEBストア)

『VPストア』とは、毎年1従業員ひとりにつき20,000VP(ベンチャーポイント)≒20,000円相当が付与され、それを通貨として利用できる従業員限定のWEBストアのことです。
VPで、ボールペンや付箋といった文房具から低反発クッションなどツールや資格取得に必要なテキストの購入をしたり、従業員が自らやりたいことを発信・共有するイベント「VAサークル」の参加費にあてたりして皆利用しています。
個人のニーズに合わせ「選択して」使用できるので、自分の環境を自分で整えることができます。


HZ Bar

従業員にコミュニケーションの場についてアンケートを実施し、そこで生まれたのがこの「HZ Bar」。毎週金曜日に各支社・支店のリフレッシュスペースが、Barラウンジに代わります。なんと!用意されたアルコール類は全て無料。スナック菓子も無料です(一部有料あり)。軽く一杯飲みながら、仲間と未来を語りあい、業務の相談をしたり、新しいサークルの企画や相談をする…。働くメンバーの意見が反映された、仲間を感じられるスペースなのです。