一度は諦めかけた保険業界
いい意味での“常識の違い”が、
自分を業界に踏みとどまらせてくれた

人を知る

前職で「保険業界を辞めようと思っていた」そうですね。今、「ほけんのぜんぶ」で働いている理由は何でしょうか。

はい。保険業界を去るつもりで転職サイトに登録していましたが、「ほけんのぜんぶ」から連絡が入って、採用ページを見てみたのです。その時、この会社なら続けられるかもしれないと思いました。と言うのも、保険業界ではよくある交友関係からお客様を生み出すやり方が私は好きではない一方、「ほけんのぜんぶ」では、イベントなどで集客したお客様から担当を割り振られます。いい意味で、業界の常識と違うぞ。そう思いました。

転職するに当たっては、奥様からの後押しもあったそうですね。

はい、「この会社なら、いいんじゃない?」と。通常、保険業界の募集人というのは、半分、個人事業主として働いているようなものなので、経費も自分持ち。しかし、「ほけんのぜんぶ」は、経費も会社が負担してくれるなど、募集人を会社員として大事にする、とてもいい会社だと感じました。一度、どうしてこのような環境になったのですかと上司の方に聞いたことがありましたが、「正社員として雇用することで、長く安心して仕事を続けられるようにするため」と答えてくれました。給与も固定+インセインティブが用意されているので、安心して働くことができています。

人を知る

では、体制さえ整っていれば保険募集人自体は続けたかったということなんですね。この仕事の魅力は、どのようなところに感じていますか?

お客様との出会いです。人とのやりとりが落ち着きます。パソコンに向かってずっと何かする、というのは私には向いていません。保険について知りたい方がいて、知識を持った私がご要望に応える。そうすると、お客様はとてもよろこんでくださる。この循環が幸せです。仕事をするうえで大切にしているのは、お客様目線です。年齢が近ければ、まるで友人だと思って接するようにしますし、親に近い年齢なら両親だと思って接するようにしています。すると、お客様が考えていることが、ぼんやりと見え始めてきて、話をしていくうちにご要望が明確になっていく。目線が合った瞬間です。

とても大切な視点ですね。逆に、仕事をするうえで難しいと感じるところはありますか?

仕事をするうえで、特に人と接する以上、壁や課題はあって当たり前だと思っています。そういう意味では、常に壁を乗り越えていきたいと考えています。上昇志向というか。それが仕事の楽しさでもあります。やりがいや壁って、表裏一体なところがあるじゃないですか。

人を知る
人を知る

その通りだと思います。最後に、「ほけんのぜんぶ」に入社して良かったと感じることを教えてください。

びっくりするくらい良かったです。大きい会社をいくつか渡り歩いてきましたが、「ほけんのぜんぶ」は、とにかく柔軟なんです。会社って、なかなか簡単に変わるものではないと思うのですが、「ほけんのぜんぶ」は従業員満足度向上のためなら、すぐに動いてくれます。対応ができる・できないに関係なく、要望したものに対して必ず何かしらの回答をもらえるのがありがたい点です。これからの目標は、会社の一員として、より従業員満足度の高い企業をつくる一助になれればと思っています。うちの会社は営業会社なので、募集人がより滞りなく仕事を進められるようにしていければ。その向こうに、より高い顧客満足度を実現できると思っています。

保険業界経験者採用ページはこちら

OTHERS同じ職種の先輩インタビューをみる