昇格制度が明確で安心
この会社を業界No.1にしたいと
思いながら働いています

人を知る

前職も保険の総合代理店勤めだったとのことですが、「ほけんのぜんぶ」のどのようなところを魅力的に感じましたか?

前の会社ではファイナンシャルプランナーとして5年間働いていましたが、会社の評価制度が不透明でした。一方、「ほけんのぜんぶ」は昇格制度に明確な基準がありますし、福利厚生も整っています。実際、公表されている昇格制度の通りで入社して安心した点でもあります。あとは、新しいキャリアにチャレンジできる「キャリチャレ」制度の存在です。この会社でなら、もっと自社とお客様に貢献できるのではと感じました。

入社後の会社の印象はいかがでしたか?

実際に入社してみないとわからないのが、仕事の温度感や職場で働く人の人間性です。でも、大阪の支社は私と同じように前を向いて進んでいる人が多く、刺激を受けながら毎日仕事することができています。自分自身を向上させようという意識を持って働いている人と、惰性で働いている人とでは、受け取る刺激が違います。互いに研鑽し合いながら仕事をしたいと思っていたので、入社して良かったと感じています。

現在の業務内容について教えてください。

ファイナンシャルプランナーとして、主に個人顧客の方の保険のご相談に乗っています。生命保険、医療保険、火災保険、損害保険、学資保険など、内容はさまざまです。お客様と接し、コミュニケーションの回数が増えていくことで、お客様との距離感が縮まっていきます。保険の申し込みがひとつの着地点には違いないのですが、お客様から「あなたのファンになりました」と言っていただけた時はうれしかったです。もう、これからは何でもあなたに相談しますという言葉を掛けてもらえた時は、仕事冥利に尽きるなと感じました。

人を知る

入社後は、1年間で エグゼクティブプランナー(プレイヤーの最高位)への昇格を果たしました。どのような心境でしたか?

日々の努力を惜しまず、諦めずにやり遂げることができて良かったと感じました。毎回順調な月が続くとは限らないので、不調な場合は翌月リカバリーするなど、軌道を修正させることが自分の自信にもつながりました。努力するとか頑張るって、自分の気持ち次第なんです。諦めるくらいなら、ありとあらゆることを試してみる、というのが自分の信条です。できることが残っているのに、諦めるなんて嫌じゃないですか。

お客様とのエピソードはたくさんありそうですね。

「もっと、早くあなたと出会いたかった」という言葉をよくいただきます。お客様の現状の確認から問題点の解決策を提案し、お客様がある種の気づきを得る。出会うタイミングが早ければ、もっと早く解決できたのに、という今後の期待感から出てくる言葉なのだと思います。

人を知る
人を知る

これから、社内でどのような存在になりたいですか?

トップセールスとして、常に社内で認知される存在でありたいです。でも、夢はもっと大きく、自社内だけではなく、同業者からも認知されるような活躍をして成長していきたいです。そして、さらなる成長と共に、「ほけんのぜんぶ」を業界でトップの企業へと成長させることが現在の目標です。

最後に、どのような人と一緒に働きたいですか?

自分と価値観を共有できる人です。つまりは、自分の可能性を求めながら働いている人です。自分自身が前を向きながら歩いていく人間なので、研鑽し合える人と一緒に仕事することができればうれしいなと思っています。

保険業界経験者採用ページはこちら

OTHERS同じ職種の先輩インタビューをみる