前職であったジレンマを解消。
どの保険を販売してもいいから
お客様にベストな形を提案できる

人を知る

前職は、「ほけんのぜんぶ」と同じく保険の総合保険代理店だったそうですが、どうして転職を考えたのでしょうか。

総合保険代理店だったにも関わらず、1社の保険を優先して販売するように言われていたのです。せっかく、お客様にベストな形の保険を提案できると思っていたのに、これでは話が違う……そう考えていた時に、以前の同僚に声を掛けられ、「ほけんのぜんぶ」を勧められました。1社の保険だけを優先していると、お客様のニーズと必ずしも合うとは限らないのです。そこがジレンマでした。

入社前の「ほけんのぜんぶ」の印象はどのようなものでしたか?

「本当に、そんなにいい会社があるの?」と思いました。持っている資格を評価してくれるところや、どの保険を販売してもいいところ、あとは経費負担――たとえば、お客様との商談の際のコーヒー代、駐車代、携帯電話代なども会社が出してくれます。ここまで従業員が働きやすい環境を整えてくれると、会社のために頑張ろうと思えます。

人を知る

現在はシニアプランナーとして働いています。業務の流れとコツを教えてください。

スケジュールが空いているところに、会社から「このお客様のところへ行ってください」と担当が振り分けられ、保険のご案内をしに行きます。総合代理店とあって、いろいろな保険会社のサービスを取り扱っていますが、保険のベースはどの会社も似ているので、保険会社ごとの特徴を覚えていけば複数の保険商品も覚えられます。他業種の方からは「覚えるのが大変でしょう」と言われますが、私自身は「こんな保険を出してきたか」と、新しいサービスを覚えるのが楽しいくらいです。

仕事をする上でのやりがいは、どのようなところに感じますか?

ひとつは、やはり、数字の達成です。会社への貢献にもつながりますし、自分の自信にもなります。でも、一番は「あなたの言う通り、保険に入っておいてよかった」と言われることです。保険って、入ってすぐに「良かった」と思ってもらえるものではないじゃないですか。数年後に、「ああ、入っておいてよかった」と実感していただけるものです。そういう意味では、営業は種まき。実を結んだ瞬間が、一番この仕事をしていて報われます。

人を知る
人を知る

仕事をする上で大切にしているのは、どのようなところですか?

お客様のご要望をよく聞くことです。そうしないと、どの保険が必要なのかわからないので。お客様は、みな漠然とした将来への不安を抱えています。教育資金や入院費用や老後の生き方など、お客様によって悩みはさまざまです。だからこそ、その解決方法を提案するのが、この仕事のよろこびでもあります。個人的には貯蓄型保険を提案することが好きです。あとは、説明する際は必ず、ゆっくり、丁寧に話すように心掛けています。自分の持っている知識を当たり前と思わないことを大切にしています。

仕事に対する向き合い方が変わったターニングポイントはありますか?

MDRTを目指したことです。無事、取得できました。全世界共通の保険の資格なので、この仕事をする以上は取っておきたいと思っていた資格でした。この資格で得たことを生かして、これから、私がお世話になる方々がみなさん笑顔になるような保険のご提案をしていきたいです。それが数字となって、会社のためにもなります。このように、いきいきと働ける環境をつくってくれている会社に恩返しをしていきたい、という思いでいます。「あなたを採用して良かった」と思ってもらえれば最高です。

保険業界経験者採用ページはこちら

OTHERS同じ職種の先輩インタビューをみる