「新たなビジネス
モデルの構築」という、
責任ある仕事にも
挑戦しています

事業統括本部
サブマネージャー

Y.Y.

2014年入社
人を知る

新卒で入社されていますが、なぜ保険業界を志望されたのでしょうか?

もともと金融業界に興味があり、その中でも「多くの人の役に立つもの、幸せにできる商品は何か?」と考えた時に保険が思い浮かびました。また、保険の営業=厳しい世界というイメージを持っていたのですが、私はむしろそれがいいなと。せっかく社会に出るのならば、成長できる環境に行きたいと思っていましたし、保険という形がなく、今すぐに必要ではない商材で実績を詰むことができたら、必ず大きな自信になると考えていたのです。

広い業界の中で、「ほけんのぜんぶ」に入社を決めた理由を伺えますか?

「仲間とともに未来を切り拓く」という企業理念が、当時の自分には強く刺さりましたね。さらにトップセミナーで若いうちから自分次第で活躍できる環境が整っていると聞き、チャレンジ精神と成長意欲に火がついたんです。それに実は、学生時代のアルバイト先の先輩が当社に入社していまして。話を聞くと、「上下に関係なく活躍のチャンスは公正にあるし、周囲に相談すればしっかりサポートしてくれる。本当に人に恵まれたと思う」と教えてくれました。その先輩の言葉も決め手のひとつになりましたね。

人を知る

ご自身のキャリアを振り返って、成長のターニングポイントとなった経験はありますか?

転機となったのは、群馬拠点での日々ですね。新人時代は本社所属だったのですが、なかなか成績が上がらず悩んでいました。そこで2年目を迎えたタイミングで、当時の上長から「心機一転、新しい環境に挑戦してみないか」と異動を勧めていただいたのです。

働く環境の変化は、Yさんにどのような影響を与えてくれましたか?

当時の群馬拠点は新設から日が浅く、メンバーも若手中心。本社とは顧客層も大きく異なり、必然的に試行錯誤が求められました。そのような中で同年代の活躍に刺激を受けながら、彼らと切磋琢磨する時間が成長を後押ししてくれた。そして気づけば教わってばかりだった私が、新人スタッフを教える立場に。この時に感じた人を育て、拠点を盛り立て、チーム一丸で目標達成をする充実感が、ゼネラリストの道を進むきっかけにもなりましたね。

現在はサブマネージャーとして、提携先のコールセンターの新規設立や運営を担っているそうですね。

はい、現在は3つのチームを統括管理しています。もともとはアウトバウンドのテレマーケティングのみでしたが、新たな試みとして、「アポイント獲得チーム」と「お客様サポートチーム」を併設。お客様との接点づくり~コンサルティング~カスタマーサポートというトータルサービスの構築にトライしています。初挑戦の事柄も多いですが、私たちが設計したスキームや環境づくりがロールモデルとなって全社に広がっていくと思うと、一層力が入りますね。

人を知る
人を知る

これから先、「ほけんのぜんぶ」でどのように成長していきたいとお考えですか?

将来はグループ会社の経営者になることが、私の目標です。そのためにも、経営者に求められる視座を磨いていきたいですね。例えば今の業務ならば、サービス品質や従業員満足度の向上に注力するだけでなく、提携先のクライアント様がどのような事業成長を図り、どんな課題を感じているのかも常に意識する。そこに新たなサービスのヒントがあると思いますし、企画と提案次第でクライアント様と当社の双方の発展に貢献できますからね。目の前の仕事に全力投球しつつ、将来を見据えたスキルアップも図っていきたいと思います。

最後に、このページをご覧の求職者の方へメッセージをお願いします。

私自身がそうだったのですが、「成長したいけど、何をしたらいいか分からない」と迷っている人がたくさんいると思います。そうした成長意欲の発露を探している方にこそ、当社でさまざまなチャレンジをしてほしいですね。一生懸命トライアンドエラーに励む方を私たちは応援しますし、先輩たちも全力でサポートしてくれますので、ぜひここで自分なりの成長を実現してください。

保険業界経験者採用ページはこちら

OTHERS同じ職種の先輩インタビューをみる