「本当なの?」と思うくらいに
保険募集人にとって充実した環境
だからこそ、期待に応えたい

人を知る

「営業するには最高の環境だ」と思い、「ほけんのぜんぶ」への入社を決めたそうですね。入社の決め手は何だったのでしょうか?

明確な昇格基準をはじめ、活動経費の全額支給や案件流入など、正直、「本当かな?」と思うことばかりでした。保険の営業と言えば、活動経費はすべて自分持ちなのが当たり前ですし、そういう意味では、募集人がとても働きやすい環境を整えてくれている。つまりは、募集人を大事にしている会社だなと感じました。基本は完全歩合制が多い給与形態も、固定給与+インセンティブをベースにしていますし、こんな会社が存在するのか、とさえ思いました。だからこそ、期待に応えようという気持ちにもなれます。

現在は営業エグゼクティブプランナーとして働いています。業務内容を教えてください。

保障と資産形成を兼ねたプランニングを中心に、お客様に提案させていただいております。家庭のムダを削りながら、将来の貯蓄をつくっていく仕組みづくりですね。実際に、「家計がすごく良くなった、あなたのお陰です」などと言った手書きのメッセージカードをいただくことがあるのですが、それを見返しては新たな活力にして、日々の仕事を頑張っています。

人を知る

モットーは、「お客様第一主義を履き違えないこと」だそうですが、どういうことなのか教えてください。

お客様のご用聞きにならないことです。もっと言えば、お客様が気づいていなかったことをお伝えさせていただき、そこで初めて保険に入る意味を考えていただくと。そこに、我々の存在意義があると考えています。私は、お客様には絶対にムダな保険料は払わせません。入る意味をしっかりと伝え、考えていただいたうえでご加入いただいています。特に医療保険などは、何も起きないに越したことはありませんが、それでも「保険に入っているから安心だよね」と、日々、安心していただけるような加入の仕方をお勧めしています。

「ほけんのぜんぶ」に入社してよかった、と思うところはどんな点でしょうか。

「ほけんのぜんぶ」の募集人は、非常に優秀な方が多いです。それに引き上げられる形で、自分も目標を達成できたことです。入社当時だったら、現在の半分程度の実績で満足していました。しかし、周りの人はもっと高い山にいる。「同じ人間である以上、自分だって、もっとできるはずだ」と思わされたのです。限界が引き上げられました。目標が上がるということは、インセンティブが上がるということでもあります。前職よりも格段に安定した暮らしをできていることに幸せを感じています。

人を知る
人を知る

目標を達成する上でのモチベーションを保つ方法は何でしょうか?

上司が言っていた、「今日1日だけでも頑張ろう」という言葉です。「1年中頑張るのは大変だ。でも、今日1日だけなら頑張れるだろう?」と。そうすることで、日々の階段を1歩ずつ進んでいくことができています。積み重ねですね。あとは、面談でお客様のお宅に訪問したところ、小さいお子さまが私の似顔絵を描いてくださったことがあって。その絵は今でも自宅に飾っています。毎日、家を出る時にその絵を見ては、「(絵を描いてもらえるくらい)人のお役に立つ、いい仕事をしているんだ。今日も頑張ろう」と勇気づけられます。

今後の目標を教えてください。

私の在籍している福岡CSオフィスを大きくして、支社機能を備えた拠点にまで成長させられればと思っています。お客様の未来を考えられる集団として、地元福岡に住む人々の人生をより豊かなものにしていければ幸いです。

保険業界経験者採用ページはこちら

OTHERS同じ職種の先輩インタビューをみる