スランプに陥っても、
諦めなければ、
必ず誰かが
手を差し伸べてくれます

事業統括本部
マスターチーフ

T.F.

2020年入社
人を知る

Fさんは異業界出身だそうですが、まずは転職の理由を伺えますか?

これまでに、靴の接客・販売スタッフやシステムエンジニアなどを経験してきました。どちらも漠然とした興味や憧れがきっかけでしたが、自分なりに懸命に努力し、販売業ではトップセールスも記録。ただ、頑張りやスキルアップがなかなか社員に還元されないなど、現実の壁にぶつかりまして…。それならば、人の役に立つ業界の営業職に転身し、お客様も自分も豊かになれる仕事がしたいと考えたのです。

「ほけんのぜんぶ」への入社を決意したポイントは何でしたか?

当社は従業員満足度を大切にしていて、待遇面や労務管理はもちろん、資格取得支援制度もすごく充実していますよね。調べてみると社員の定着率も高く、「これだけの制度が整っていれば、きっと高いモチベーションを維持できるんだろうな」と感じていました。とはいえ最初は保険のセールスと聞いて、「家族や友人にも営業しないといけないのかな」と心配だったのですが、当社はそういった余計なノルマも一切なし。不安が晴れたことで、迷わずに飛び込むことができましたね。

人を知る

入社後は順調に実績を積まれて昇格もされていますが、秘訣はありますか?

決して順風満帆というわけではありません。やはり未経験の世界ですので、まずは電話営業の基礎や医療保険の知識など、ひたすら勉強の日々でした。実務の面でも、「まずはお客様と長く会話できるようになろう」「次は一人ひとりに合った提案をするために商品知識を深めよう」「この知識を活かせるコンサルティングの術を磨こう」と、小さな目標を立てて段階的にクリアしていった形です。それに一度、ある程度自分の成長に手応えを感じた時期にスランプに陥ったことも。今振り返れば、悪い状態を体験したことがその後に繋がっているので、すべてがいい経験になっています。

成績が上がらない時期があったからこそ、今の自分があると。

そうですね。当時はお客様と会話が嚙み合わず、これじゃダメだと余計に力が入り、さらに成果が遠のく…という悪循環に陥っていました。私は自分の何がいけないのか、通話ログを何度も聞き直しました。それでも漠然とした課題しか見えなかったのですが、先輩方に相談すると改善点が明確になっていきました。一番のポイントは、お客様との「間合い」の取り方。スランプ中の私は、十人十色の適切な距離感を考えず、常に自分中心になっていました。不幸中の幸いと言いますか、その時に「悪い時の自分」を知ったことで、スランプ脱出後は成績も安定しましたし、営業として一段ステップアップするきっかけになりましたね。

人を知る
人を知る

今後については、どのような目標を目指していますか?

まずはマスターチーフからシニアプランナーへのキャリアアップですね。そのためにはプレイヤーとしての活躍に加えて、私が上司にそうしてもらったように、他のメンバーに営業手法を教えられるようにならなければと思っています。目指すは、新人が何でも相談できる接しやすい存在。一人ひとりの個性や性格に合ったサポートができるようになりたいですね。また、会社自体が急成長を続けていますので、例えばゆくゆくは海外展開だってあり得るかもしれません。そのような時に、大事な拠点を任せてもらえるような実力者に成長できたら最高です。

これから入社を検討されている方へメッセージをお願いします。

未経験の方は不安を感じることもあるかもしれません。しかし、営業もスポーツと同じで、はじめは上手くいかずに「自分にはセンスがない」と思っていても、努力を続ければ後から成果はついてきます。例え失敗しても当社は絶対見捨てないですし、どこが課題なのか一緒に考えてくれる先輩もたくさんいます。ですからイチから経験をつみたい方や営業としてレベルアップしたい方にはいい職場になると思いますね。

保険業界経験者採用ページはこちら

OTHERS同じ職種の先輩インタビューをみる