業界や会社に対して
モヤモヤしているなら、
当社できっと悩みが
解決できると思います

事業統括本部
エグゼクティブプランナー(スペシャリスト)

K.W

入社
2017年入社
人を知る

まずはこれまでのキャリアの道筋を教えてください。

新卒で入社した会社でシステムエンジニアをしていたのですが、家族との時間が少なく転職を考えるようになりました。そこで、当時わたしの保険を担当してくれていた、とある保険会社に入社しました。そこで10年ほど営業をしていたのですが、10年経てば時代も変わり、商品がお客さまのニーズに合わないことが多くなり、歯がゆさを感じていました。

歯がゆさとは、具体的にどんなことでしょうか?

保険の営業というのは、お客さまのライフステージの節目節目に立ち会う仕事です。家族ぐるみの付き合いをすることもあり、親身になってお客さまを助けたいという思いは強くなります。しかし、お客さまのライフプランに合わないとわかっている商品を無理やり売らなければならないようなことも出てきます。それは、心苦しいことです。そこで、総合代理店として、常にお客さまにとって最適なプランを提案できる、ほけんのぜんぶに転職したのです。

人を知る

入社されてから社内でもトップクラスの成績を数々残していますが、秘訣はありますか?

奇をてらったようなことは、何もしていませんよ。唯一言えるのは、お客さまが保険金を受け取る瞬間まで想像して、話ができているかどうか。私たちは、契約をお預かりするのがゴールではなくて、そこからがスタート。補償をお届けするタイミングというのは、死亡保険やがん保険でも、お客さまにとって喜ばしいことではないですが、それでも「Wさんでよかった」「身内よりもWさんの顔を見ると安心する」そう言っていただけると、営業冥利につきますね。

他社もよくご存知のWさんからみて、ほけんのぜんぶの魅力はなんでしょうか?

組織としての透明性の高さですね。当社は役員層や経営層が何をやろうとしているか、その進捗がメールで届きますので、一般の社員も手に取るようにわかるんです。そのぐらいの透明感なので、決断がとても早い。「これやりましょう」「はい」で進むから、他社に負けないスピード感で業務を進められます。もちろん、スピードがあるからといっても、ベースとなるお客さまへの対応もきっちりしていますし、お客さまからの信頼感は常に高く保てていると思います。ベンチャーのスピードと、大手のような安心感を両立した組織だと思いますね。

人を知る
人を知る

今後の目標を聞かせてください。

お客さまに対して貢献し続けるためには、わたし自身が動き続けないといけない。そのために安全第一、健康第一でいたいと思います。常に現場に立っていないと、情報が入ってこなくなって古びてしまうし、お客さまにとっても、わたしが回っていることで安心感を与えられます。現場に立ち続けて、現場のスペシャリストにとっての「壁」として居続けるのが、わたしの目標ですね。

最後に入社を考えている人に向けて、アドバイスをお願いします。

保険業界の仕事の進め方に悩んでいる人は多いと思います。お客さまが本当に望んでいることに応えられない、販売方法がおかしいと思う、などいろんな悩みがあるでしょう。わたしも同じ思いをしていたのでよくわかります。もし業界や会社に対してモヤモヤしているなら、一度、当社の門を叩いてください。きっと悩みが解決できると思います。ぜひ一緒に飲みに行って、語らいましょう。

OTHERS同じ職種の先輩インタビューをみる